【絵画コース】初めての油画!塾生作品堂々の完成!

【絵画コース】初めての油画!塾生作品堂々の完成!

バチカン市国の彫刻ルーム
バチカン市国の彫刻ルーム

絵画コース担当の岡村です。

突然初夏のような暖かさになったり、強風が吹いたり、冬の寒さに戻ったり、花粉が飛んだりと、季節の変化を感じることが多い今日この頃ですが、いかがおすごしでしょうか。

今まで4週にわたって制作してきた油彩画が、今週ついに完成します。

4週と言っても私の担当は月に2回ですので、描き始めたのは昨年のことでした。

月日が経つのは早いものです。。。

前回までで大枠は出来上がっているので、

今回は台に落ちた影を描き、、、

モチーフの細部をさらに描き込み、、、

空間と質感を描き出します。

空間を感じさせるには、物自体の描写より台に落ちる影の描写が大切なんです。

また、描き込みの密度や絵具の厚さの違いによっても前後関係が生まれるので、そこも注意しながら描きます。

一般的には、手前のものの方を、よりディテールまで細かく描き、絵具の厚さを厚くすると良いです。

当初は水彩絵具やアクリル絵具と比べて細い線が引きづらい油絵の具に苦戦しているようでしたが、

徐々に扱い方にも慣れてきた様子。

完成した作品はこちら!

 

塾生完成作品
塾生完成作品

 

白、黒、赤の3色を基軸に据えた、鮮やかで強さのある絵画が完成しました!

ドライフラワーの質感もよく表現できています。

はじめての油絵だとはとても思えない仕上がりです。

実際に描いてみて、いかがだったでしょうか?

思っていたのと違いましたか?

油絵具は様々な使い方のできる素材です。

特定の描き方にこだわらず、自分にあった描き方を見つけることが大切です。

次回の岡村担当の授業では風景画の制作を行います。

また新しい描き方を覚えましょうね。

それでは!また!アデュ!

入塾の申し込みは←こちらから

お問い合わせは←こちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です